昨日の記事に書いた通り、20時にドイツを出発して21時にイギリスに到着して、そのままひとみさんちへバスに乗って向かう予定だったのですが、出発が23時くらいまで遅れたために到着したのは0時過ぎでした。
到着したものの、もうバスが無い…ここから動けない…ということで、ドイツに来た時のような孤独感はありましたが、でもその時ほどじゃなかったです。
空港内は明るくて賑やかで、同じく足が無くなったのでここで野宿(?)をしなければならない人達がいっぱい溢れていて元気が出ました。
それに、ドイツに来た時と違って、ひとみさんがリアルタイムで今からどうしたらいいか指示をくれました。(指示があるといきなり強気で動ける人)

確かバスの始発時間が朝の四時半くらいだったと思うので、それまでそこら辺の床に寝転がって寝ました。
椅子は占領されてたし、カフェやファーストフードの席を取って寝るのはさすがに気が引けたから…。
元々どこでも平気で眠れる人間なので苦じゃなかったです。
空港だから冬でも中は暖かくて良かった…。

バスのチケットは、チケット券売機で買ったんですけど何故か間違っていました。
何せ言葉が通じないから(英語力皆無)人に聞いてもわけわかんないし、目的の行き先のバスを見つけるだけでも大変でした。
黒人のバス運転手さんは間違った切符なのに乗せてくれて本当に優しかったです…私がよっぽど可哀想に見えたんでしょう。

何とかバスに乗ってひとみさんに指示された停留所で降りて、迎えに来てくれていた(早朝5時!!)ひとみさんと出会った時の安心感といったら言葉では表せられません。漏れるかと思いました。
言葉の通じない初めての異国の地で頼りになる日本人がいる、ということの大切さと有り難さを改めて感じました。
やっぱり異国の地に1人は怖いです!
本当に、日本からドイツに来ようと思った当時の自分が、何故何も怖がらなかったのか不思議で仕方ありません。
前にコメントでもいただいたけど、やっぱり若さゆえの勇気と、世間知らずさと、掲げた目標ばかり見えてそれまでにかかる苦労を見ることが出来ない盲目さの合わせ技だったんだろうなーと思います。

イギリスに来たからにはせっかくだから何かイギリスっぽいものを買お~っと思って買ったのがジェリービーンでした。
ハリーポッターの百味ビーンズみたい!と思って。(普通の味しかないし種類も36種類しかないけど)
味は…漫画内に描いた通りだけど…でも面白かったからまた欲しいです!
百味ビーンズほどトンチンカンな味は入ってないけど、でも普通においしい味と変わり種を混ぜるのがこういうビーンズ系お菓子の特徴なんだろうなーと思ってます。
これです↓
 IMG_20170320_231153
スポンサードリンク