出産レポ1
出産レポ2

焦る必要無かった?


ネットで読んでも「破水後は胎児に細菌感染の危険があるのでただちの産む必要があります」って書いてあったりするし、実際に私の母も私を妊娠中に破水してすぐに陣痛促進剤を使ったそうなので、私もそのつもりで病院に来てみたら、意外とのんびり出来たので驚きました。
同じく破水をした日本の友達に聞いてみても「私の病院は自然の陣痛推奨派だったから、破水してから2日待った」なんて言っていたし、破水後の対応は病院によってかなり違かったりするのかも!?

それにしても、分娩室ってどんな部屋が全然想像出来なかったけど、色々揃った快適そうなお部屋でびっくりしました!

↓ベッド
20180213_090842

↓音楽設備やお水など(もちろんイガイガボールもある)
20180213_091556

↓生まれた赤ちゃんのためのあれこれ
20180213_091610

↓分娩用バスタブ
20180213_091622

~コメント返信~
まぁるさん:
ところでさくらんぼのたねクッションて…? 

そば殻みたいな??最初柄かと思って「さくらんぼ柄指定ってドイツの縁起物とかなのかなー…:え?たね?え?」てなりました(笑)

まゆさん:
ところで、、さくらんぼのクッションとは何ですか?円座クッションみたいなものでしょうか?


あすかさん:
私も さくらんぼの種のクッション、気になりますー! 

さくらんぼの種に どんな効果が!?わくわく!!


さくらんぼのたねクッションはですね、その名の通りこういう↓
kirschkernkissen-gelbeblume
さくらんぼのタネが中に入ったクッションなのですが…
これを暖めて背中痛や腰痛がある時に患部に当てて使ったりするんです!!
陣痛で痛い時にこれで腰を暖めたりするために持って行くんでしょうね!
ちなみに私は持っていなかったので持って行きませんでした。
さくらんぼ以外にも、ぶどうのタネクッションとかもあります!

かめさん:
私は高校生で、先日家庭科で新生児の特徴について習いました。そこで新生児には「児斑」と呼ばれる青あざがお尻や背中にあり、それはモンゴルや東アジアの赤ちゃん(つまり日本人も)にしかないということを教えてもらい、『えっ、じゃあハーフの子はどうなってるの??』と疑問を持ちました。そこで質問です!フリッツ君のお尻はどうなってますか?生まれたばかりで尻の状態を聞かれるフリッツ君の気持ちを考えると申し訳ないんですが、とても気になります(><)お願いします! 


面白い質問をありがとうございます~!!
蒙古斑(児斑)の存在は知っていたのですが、モンゴルや東アジア限定だったとは全然知りませんでした…!勉強になります!
フリッツ君のお尻にはそれらしきものはないようです。ぜひ家庭科の先生に「ハーフには出ないみたいです!」と報告してください!(笑)

みーちゃんママさん:
そうそう!ドイツも新生児から子供部屋で過ごしますか? 

日本は添い乳したり添い寝する文化があって、部屋も同じなんですが海外はちがうって聞いたことあって。


ドイツの赤ちゃんは部屋を与えられて生後すぐから1人で寝始めるのが一般的ですが、私は夜中に何かあったら…と思うと不安なので夫婦のベッドのすぐそばにベビーベッドを置いて、そこで寝かせています!
どうしても一人で寝たがらない時はあって、その時はおなかの上に乗せて寝ることも。

記事誘導出産

↓ドイツの分娩室面白いねー!って思ってくださった方はよかったらクリックお願いします!!