缶詰1
缶詰2

か…缶詰の豆を盛っただけで…?

クリス曰く50年代というのはまだ缶詰の商品が出始めたばっかりで、ものすごくモダンだったんですって。
そしてこの番組は「凝ったお料理」ではなく「どの家で誰でも出来る簡単な家庭料理」を紹介するという方向性だったので、缶詰は開けて盛るだけなので簡単、しかもおいしい、家庭料理にピッタリ!ということで、よく出て来たそうです。

それにしても、「男が家庭料理なんか出来るわけない、ヤラセだ」ってものすごく時代を感じるクレーム(?)だなー!と思いました。
この料理人さんはそれを真っ向から否定したそうです。ただし、彼の元々の本業は「俳優」で、調理師免許などは持ってなかったんだとか。

この番組↓といい、ドイツのお料理番組は面白いです。
「272.ドイツ流アジア風バーガー」
醤油バーガー3


記事誘導カルチャーショック

↓ドイツの簡単家庭料理いいね!って思って下さる方はよかったらクリックお願いします!!