バナナ1
バナナ2

あのウソのつけないクリスが人生で唯一ついたウソ

当時社会主義を貫いていた東ドイツは、外国のものや文化を一切取り入れず生活し、人々が触れるものは常に政府に監視されて過ごしていたそうです。
社会主義ってすごいんですね…。
ツイッターで、ベルリンに住んでいるお兄さんからこんな体験談も教えていただきました↓

東ドイツと西ドイツというだけでこんなにも生活が違うとは、当時7歳のクリスには相当衝撃的だったろうと思われます。

ちなみに6コマめの「外国」というのは「西ドイツ」も含まれます。
ただ、クリス曰く、同じく社会主義だったロシアだけは別だったそうで、当時「ロシアさんが唯一の友達」って感じで多少のやり取りはあったそうです。不思議。

記事誘導カルチャーショック

↓空気を読んだクリスを褒めてくださる方はよかったらクリックお願いします!!