妊活101
妊活102

以前からこの難民家族は夜遅くにアラビア語かなんかの歌を近所迷惑なレベルの爆音でかけて踊ったりしてるので好きじゃなかったけど、この話を聞いてますます引きました。

人を妬んだり羨んだりしたからって自分の子供が出来るわけじゃないし、むしろそれがストレスになって妊娠が遠ざかったりするかもしれないですけど…
でもこの難民家族の母親のようにあんまりにも極端な人を見ると「なんでこんな人の所には赤ちゃんが…」とか思っちゃうのって、仕方のないことだと開き直ってる気持ちもあります。
そりゃあ子供が欲しい理由なんて人それぞれで、夫婦の愛の証として欲しいとか、逆に夫婦の冷めた関係を修復するために欲しいとか、色々あっていいと思います。
でも、どうなんでしょう…"ドイツに留まるため"って。
しかも、産まれてくる赤ちゃんはまた「死んじゃってもまた次産めばいい」程度の存在なんでしょうか。
うーん…世の中って理不尽。
とりあえず、せめて生後二ヶ月で亡くなった赤ちゃんのお墓のお世話、ちゃんとしてあげて欲しいです。
彼女にとってはまた産めば代替が利く程度の命でも、赤ちゃんにとっては唯一の命だったんだから。

ちょっと自分の妊活とは違う話になりましたが、明日もよろしくお願いします!

↓こちらをクリックすると「妊活編」が全て表示されます!
記事誘導妊活

↓皆さんからクリックをいただいたら、ぱん太