飲酒運転1
飲酒運転2

さすがにそれはヤバイ

最後のコマの話を解説すると

クリス、ワインを買う→車を発車させる→ちょっとだけ飲む→運転中なのでとりあえず足の間に挟んで運転を続ける→警察に止められてアルコールチェックされる→少ししか飲んでないので当然セーフ→「あんた、紛らわしいことするんじゃないよ!あと当たり前だけどそれ以上飲んじゃ駄目だよ」と怒られ解放される

という流れだそうです。当たり前だわ

それにしても、単純にドイツ人は日本人よりも酔いにくいから、飲酒運転による事故が起こりにくいんでしょうか。
それとも、人間って禁止されてることはやりたくなる生き物ですから

日本→「絶対お酒飲んじゃいけません!」って言われるとついつい飲みたくなり、車で来たのに飲んじゃってそのまま運転して帰っちゃう
ドイツ→「一杯くらいならオッケー、なら一杯だけ飲もう」と心に余裕が出来るから、飲み過ぎて酔ったりせずに帰れる

みたいな違いなんでしょうか。
でももしそういう心理的な要因だったとして、かと言って日本で「一杯くらいなら合法」にしたら一杯くらいでふらふらに酔っちゃう人達が事故りまくっちゃうかもしれないし、難しいですね…。

ちなみにクリスは「ビールやワイン一杯で酔っちゃうドイツ人なんかいないよ」と言ってますが、クリスが見たことないだけでドイツ中を探せばいると思います。
でも、やっぱり、平均的に日本人よりはお酒に強いDNA?なんでしょうね。
不思議だなぁ。

ドイツのお祭りに行くとついついりんご飴とわたあめ買っちゃいます。
日本のお祭りに行った時もよく買ってました…懐かしい…!
でも、改めて思うんですけど、日本のお祭りの食べ物ってやっぱり割高ですね。
日本だとあの砂糖の塊でしかないわたあめ一個500円?ですもんね。
お祭りで何か食べるとおいしいので、ついつい買っちゃいますけどね!雰囲気代、なのかなぁ。

記事誘導カルチャーショック

↓なんだかんだで今まで無事故・安全運転な優良ドライバークリスに応援のクリック、いただけたら嬉しいです!!