※リアルタイムのお話ではありません。
※みんなの応援や共感はもちろん、厳しく冷静な意見もありがたく読ませてもらってます。ただし、明らかな悪意がある侮辱的なコメントのうち、わたしが絶対に許せないと感じるレベルのものがあった場合、時間・お金・労力を惜しまず発信者情報開示請求、損害賠償請求をする覚悟があります。今後そういったコメントをしたいひともそれを覚悟の上してください。
※コメント欄を閉鎖、承認制にする、わたしが細かく削除・非公開作業をする予定は今のところありません。コメント内容はみんなの中のモラルに任せます。
※わたしは個人的な実体験を描いているだけなので、それを「ドイツ・ドイツ人」という主語に広げないよう注意してください。わたしはドイツが大好きです。


2172.ドイツに戻って㉙1
2172.ドイツに戻って㉙2

まず、この時のみんなのやさしさは忘れない。
応援のメッセージをくれるだけでもじゅうぶん嬉しいのに、わたしに個人情報をばらすリスクを背負ってまで、本気で助けようとしてくれたみんなに、本当に感謝してます。
当時、返信が出来ずにいてごめんなさい。
実際に誰かに匿ってもらったりすることは無かったけど、あの優しさのおかげでぎりぎり精神状態を保てたから、結果的にみんなに命を救われました。

それから、4~8コマ目に書いたことは、本当に自分で経験するまで分からなかった。
実際、当時のコメント欄で「ぱんちゃんはアドバイスを行動に移す気力すら残ってないのかもしれない。アドバイスはいいけど、なんで実行しないんだ!ってプレッシャーをかけるのはやめよう」ってみんなに呼び掛けてくれてるひともいた。
きっと同じような経験があるひとなんじゃないかなって思う。

↓当時のコメント欄でみんなが心配してくれてた様子。ずっと非公開にしてたけど、離婚記事の時期に合わせて少しずつ公開しながら当時を振り返りたい。


これまでのお話↓
【離婚を決める前の生活】
/////////////////////////////////

【離婚を決めたきっかけ】
////////////////51/52/53/54/55/56/57/58/59/60/61/62/63/64/65/66/67/68/69/70/71/72/73/74

【ドイツに戻ってから】
75/76/77/78/79/80/81/82/83/84/85/86/87/88/89/90/91/92/93/94/95/96/97/98/99/100/101

前回のお話↓
「1168続き.ドイツの国際離婚と親権102 ドイツに戻ってから」
2170.ドイツに戻って㉘1


次回のお話↓
「1170続き.ドイツの国際離婚と親権104 ドイツに戻ってから」
2172.ドイツに戻って㉚1


記事誘導クリス

↓よかったらクリックで応援お願いします!!
(クリックは一日一回有効らしいです!)
通知ボタン