※多くのぱん友さんが心配してくれている離婚について、とりあえず一番最初の経緯を描きます。
※なるべく自分が悪かった部分も正直に描くつもりだけど、あくまでわたし視点です。もしあちらだけが悪いように見えたらそれは間違いです。
※しばらくネガティブな話になります。ごめんなさい。(でもなるべくポジティブ?に描きたいです)
※「自分の悪かった部分も含めてブログで描く」と本人に伝えてあります。
※「◯◯はしなかったの?(例:通院)」「以前の説明と違くない?」など疑問がいろいろあると思いますが、根気強く続きを待って読んでもらえれば嬉しいです。
※なぜか複数の方から「クリスの反対を押し切って強引に子作りしたのに」というコメントが来ていますが、事実と違います。当時の妊活記事↓を読んでね。

※「クリスはおむつ替えはしなかったと言うけど、過去記事でおむつ替えをしていた描写があったけど?」という疑問について→新生児の頃は何回か頑張って練習してくれていたけど、いつの間にか「僕がやると無駄に長くかかってフリッツ君がかわいそうだから」という理由でしなくなりました。


2022.離婚⑥1
2022.離婚⑥2

以前もいろんなぱん友さんがコメントをくれたけど、夫婦間でも細かいお礼が必要・お礼を言うだけでいい関係が築けるのに、わたしの相手は夫どころか夫の肩代わりをしてくれた義母だったのに、全然感謝の気持ちを表してなかった。
まともな人だったら「義母は夫の代わりに送迎や育児や家事を手伝ってくれて、しかも光熱費までまけてくれてるんだから、せめて食事くらい奢って感謝の気持ちを伝えなくちゃ」って思うのに。
わたしはそんな発想にはまったくいたらず、甘えてばっかりでした。
元々の性格もあるし、心のどこかで「あなたの実の息子が理由なんだからこれくらい当然でしょ?」って傲慢に思ってたんだと思う。

最後のコマに関しては、言い訳になるけど、最初のうちは何度か「ママから見たら至らないかもしれないけど、お掃除は自分で出来るよ」と伝えていました。
でも義母は「あなたの掃除頻度は私から見たら少なすぎるし、ここは私の家だから私の好きに掃除をする」と言ったから、ありがたくそれにも甘えました。
掃除機かけとかはもちろん自分でしていたけど、キッチンやトイレが時々綺麗になっているのはかなり大きな助けだったのに、なんできちんとお礼を言わなかったんだろうって思います。
※補足…義両親は一階、わたしとクリスとフリちゃんは二階に住む完全二世帯住宅でした。

カフェの朝食で思い出したけどこれ食べたい↓


 これまでのお話↓
「1000.ドイツの国際離婚と親権① 離婚を決める前の生活」
「1000続き.ドイツの国際離婚と親権② 離婚を決める前の生活」
「1001.ドイツの国際離婚と親権③ 離婚を決める前の生活」
「1001続き.ドイツの国際離婚と親権④ 離婚を決める前の生活」
「1003.ドイツの国際離婚と親権⑤ 離婚を決める前の生活」
「1003続き.ドイツの国際離婚と親権⑥ 離婚を決める前の生活」
「1004.ドイツの国際離婚と親権⑦ 離婚を決める前の生活」
「1004続き.ドイツの国際離婚と親権⑧ 離婚を決める前の生活」
「1005.ドイツの国際離婚と親権⑨ 離婚を決める前の生活」

前回のお話↓
「1005続き.ドイツの国際離婚と親権⑩ 離婚を決める前の生活」
2021続き.離婚⑤1


次回のお話↓
「1007続き.ドイツの国際離婚と親権⑫ 離婚を決める前の生活」
2022続き.離婚⑥1


あと、まじでぜんぜん関係無いんだけど、昨日お昼に作ったソーセージとトマトと玉ねぎの生クリームソースペンネがめっっっっちゃおいしかったから紹介させて!!
(↓写真映えとか分からんからおいしそうじゃないかもだけどまじでおいしい)
Foto 25.11.19, 13 17 33
味・食材費・栄養・調理の手間とかすべて総合して、わたしの中でSSS級料理!!
ペンネだから食べやすいし、フリちゃんもめっちゃ気に入ってた!!みんなのとこのお子ちゃんたちも気に入るかも!!
レシピこれ↓


記事誘導グルメ

↓ドイツのカフェで朝食食べたいひとはクリックで応援してください!!
(クリックは一日一回有効らしいです!)