ビザ申請1
ビザ申請2

さすがに1人も答えられないのはまずかったと思うから感謝。

入籍もしたしその証拠の書類もあるから、ふぅ~ようやくビザが取れる!と思ってお役所に行ったので、まさかのテストにびっくりでした。
やっぱりドイツのような発展国だと「偽装結婚」というのが少なからずあるらしいです。
貧乏な国の人がドイツに来て、異性のドイツ人にお金を払う代わりに形だけ入籍してもらい、ドイツにとどまるためにまんまとビザを手に入れて、後はさよならするという方法です。
それを見抜くために、お役所は夫婦それぞれに「きちんとした夫婦なら当然踏んであろう段階や、お互いのことについて質問をする」決まりがあります。

まあ私とクリストファーで多少の答え方の違いはあったものの、大体は答えが一致していたので別に問題無くテストクリア、ビザをもらえました。
ビザを発行する時にお役所の人がにこにこしながら
「あなたはきちんとドイツ語を学んだ人だから楽に進んだわ」
と言っていたので、やっぱりビザ関係のお役所の人は普段はドイツ語も英語もろくに話せないような外国人を相手してるんだろうなぁ…
大変そう…同情します…

周りの人に説明したら「失礼な話ねー!日本みたいな発展国の人がそんなことするわけないのに」と言ってくれたけど、でも日本人だからって特別扱いしてもらうわけにいかないですもんね!(空港のチェックとかでは日本人だとゆる~く通してもらえるけど)

クリストファーに家族の名前は何回か紹介していたのですが、やっぱり日本人の名前はあまりにも馴染みが無くてすっと覚えられないみたいです。
カヨコ(仮)とヨーコが似てて良かった!
家族の名前だけじゃなくて、友人達の名前もなかなか覚えられません。
基本的に友達の名前はあだ名で紹介しているのですが

「きょんちゃん」
「きよちゃん」

というあだ名の友達をいつも間違えます。
まあさすがにこれは日本人でもややこしいので仕方ないか。

さらにこの「きょんちゃん」のあだ名で気付いたのですが、どうもクリストファーは「きょん」の発音が出来ないみたいです。
どうしても「きよんちゃん」になる。
日本語的な「ょ」の発音ってドイツ人には難しいのかな?
同じ「ょ」でも「しょ」なら普通に発音出来るので「きょ」が日本独特なのかもしれません。